私を離さないで最終回ネタバレとあらすじ!キャスト相関図まとめ!

この記事は2分で読めます

Sponsored Link


こんにちは〜( ´ ▽ ` )ノ

 

今回またまた話題作になりそうな題材でドラマになるのが。。。

「わたしを離さないで」

「わたしを離さないで_ドラマ_綾瀬」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)

綾瀬はるか、三浦春馬、水川あさみの共演で、

衝撃作を初のドラマ化!!

 

ということでどんな結末になるのか?

ドラマオリジナルにどうアレンジしてくるのか??

話題になっています!!

 

ではでは原作の紹介から!!

原作紹介|TBSテレビ:金曜ドラマ『わたしを離さないで』

タイトル:「わたしを離さないで」

著者:カズオ・イシグロ

翻訳:土屋政雄

価格:864円(税込)

 

ドラマでは森下佳子さんが脚本を書いています!

「世界の中心で、愛を叫ぶ」「JINー仁ー」「白夜行」「天皇の料理番」「ごちそうさん」

などの脚本をされています!!

 

あれ???綾瀬はるかの出番多いな??笑

 

しかし名作ばかり脚本されています!!!

なおのこと今回の作品にも期待が高まります!!

 

ではでは気になるキャストの紹介!!

E4BABAE789A9E79BB8E996A2E59BB3_png__520×588_

 

そうそうたるメンバーが構えています!!

そしてなんといってもシビアな脚本なだけに、

今旬の子供達の演技力が欠かせませんね!!!

これはまた新たなスターが誕生しそうな予感☆

Sponsored Link


ではではあらすじ!!!

原作では。。。

1990年代末のイギリス

「介護人」キャシーは、ヘールシャムと呼ばれる施設で育てられた「提供者」たちの世話をしている。

そもそも、キャシーも生まれながらにしてヘールシャムで育った提供者である。

施設を出て、大人となったキャシーは、閉鎖的なヘールシャムでの子供時代を回想していく。

ヘールシャムでの教育は、至って奇妙なものであった。

「保護官」と呼ばれる教員たちによって、

「展覧会」に出展するための絵画や詩などを作る創作活動や、

毎週の健康診断などが実施されていた。

キャシーが12、3歳だったころ、彼女にはトミーという親友がいた。

彼は周囲の能力の差についていけずに教室内で度々癇癪を起こす生徒だった。

しかし、ある日を境にトミーは騒ぎを起こさなくなり、

それがキャシーにとっては疑問であった。

ある日キャシーは、トミーに騒ぎを起こさなくなった理由について問いただす。

すると、彼は「保護官」の一人であるルーシーの影響だと語る。

トミー曰く、ルーシーには絵を描きたくなければ描かなくてよい、と言われたという。

またルーシーはヘールシャムの方針に不満を抱いていることがトミーの口から明かされる。

この話を聞いた頃からキャシーは、ルーシーのことを注視するようになった。

キャシーが15歳になったとき、ヘールシャムでの最後の1年の出来事であった。

ある雨の日、ルーシーは生徒の「映画俳優になりたい」という一言を耳にし、

突如生徒を集めヘールシャムの真実を語る。

それは、「提供者」たちは臓器提供のためにつくられたクローンであり、

ヘールシャムを出るとすぐに臓器提供が始まるため、

将来の夢など無意味であるということであった。

 

物語の舞台となる児童施設「ヘールシャム」

表向きでは単なる施設に見える施設だが、

その正体は「特別な使命」となる為の

クローン人間を育てる施設。

この施設の子供達は全て臓器提供を目的とされたクローン人間という事実。。。

夢なんてという思いと、それでも一生懸命生きる子供の葛藤が描かれているという。。。

 

聞いただけだとすごく衝撃!!

 

原作とは違う最終回の結末が待っているでしょうね!!

ハッピーエンドで終わって欲しいですね☆

 

おわり☆

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント