家政夫のミタゾノのキャスト相関図やあらすじは?感想やコメントは?

この記事は5分で読めます

金曜ナイトドラマ「家政夫のミタゾノ」|テレビ朝日

Sponsored Link


こんにちは〜(≧∇≦)

 

屋久島から帰ってきました〜!!

もう一言で、、、

よかった!よかった!よかった!

絶対また行きたい☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

 

綺麗で見惚れる屋久杉、

ゆったりと癒されるカヤック、

美味しすぎる水、

その水で割る焼酎、

新鮮な魚、

歯ごたえのある鹿肉、

熱すぎる温泉、

波が荒すぎる海水浴、

そして何より人とのつながりを感じる島民!

 

どれを取っても楽しかった〜!!

普通にまた行きたい〜☆

 

ガイドさんたちとも仲良くなって、

行った居酒屋は最高でした〜

 

この思い出はまた近々ブログで書こうかな!

 

私のことはこれくらいにしといて、

今回書くのは2016年秋ドラマについて☆

『家政夫のミタゾノ』

金曜ナイトドラマ「家政夫のミタゾノ」|テレビ朝日

 

またどこかで聞いたことある名前、、、

家政婦は見たの市原悦子に始まり、

家政婦のミタの松嶋菜々子、

 

そして今回は家政夫!!!!

 

家政婦といえば女性、

家事は女性の仕事!!

なんてことも現代の社会では決めつけられませんね!

 

保母さんと言われていた仕事が保育士、

看護婦と言われていた仕事が看護師、

どんどん男女の仕事の差がなくなってきましたね!

 

そのうち家政婦も家政師何て言われたりするのかな〜

 

そんなきっかけのドラマにもなりそうですね!

 

ということで今回はこのドラマの

キャスト相関図やあらすじ、

主演のコメントなど、、、

いろいろ書いていこうと思います〜!!!

『家政夫のミタゾノ』のキャスト相関図は??

 

主演だけが決まっている状態のようですね〜( ;  ; )

まだまだキャスト陣が発表されていません、、、

 

 

三田園 薫:松岡昌宏

松岡昌宏_-_Google_検索

家政婦紹介所に所属する派遣家政夫。

寡黙で神出鬼没、

何を考えているかわからない不気味な面もあるが、

家事のスキルはプロ級。

掃除・洗濯・料理すべてにおいて卓越した能力を見せ、

そのスキルの高さゆえ、

派遣先の家でも信頼を得るのが早い。
しかしひとたび、

派遣先の家庭が隠している“秘密”に気付いてしまうと、

それを暴きたくなってしまい、

誰にも気付かれないうちに周到に罠を張り巡らせて、

依頼人の化けの皮をはがしていく。

 

 

ヤンキー、

熱血、、、

過去のドラマはそんなイメージですね〜

今回はドラマでどんな顔を見せ作れるのか?

楽しみですね〜☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

松岡の突っ走る演技が楽しみです!!

 

【三田園薫役・松岡昌宏 コメント】

三田園は派遣先の家庭の事情をのぞき見して、さらにその家庭を壊そうとしてしまうという悪趣味の持ち主。実際こんな人間がいたら嫌だなー、と思いますが、そういう人物を演じられるというのがこの仕事の面白さ・醍醐味なのかもしれませんね。「こんなヤツ、絶対いてほしくない!」という人物像を自分の中でイメージしながら演じられたらいいなと思います。昔から、日本人は“嫌われ者”が好きな傾向がある気がします。『いじわるばあさん』なんかもそのひとつですよね。
家族にもそれぞれプライバシーはあるけど、三田園はそういったものも構わずに暴く! ある種の爽快感は見どころのひとつです。
さらにこのドラマの場合は、三田園が壊した家庭に必ず再生が訪れるんです。その再生の部分には三田園の意思は介在していなく、その行為によって崩壊した結果、再生してしまうという流れなのですが、それはまた新しいタッチですよね。今までいろんな役を演じさせていただき、いろんな作品を見てきましたが、三田園のようなキャラクターは新鮮です。
僕が秘密を暴いてみたいとすれば…イチロー選手のタフな身体の仕組みか、うち(TOKIO)のリーダーの私生活ですかね(笑)

『家政夫のミタゾノ』には“家事のHOW TO”がたくさん出てきます。うちは犬を飼っているので、スリッパの裏にから拭きのクリーナーシートを貼り付けながら歩いてこまめに毛を掃除したり、使い終わった歯ブラシをコンロの焦げ付きを取るのに使ったり、と工夫はするようにしています。
料理は好きなので、昔からよくいろんなものを作りますね。仕事が忙しくてもオンオフの切り替えをするために何かを作ったり…。最近はカポナータを常備菜として作っておいて、それにチーズや麺つゆをかけてみたり、カレー粉を混ぜてみたりしながら料理を楽しんでいます。家事の中では洗濯が一番苦手かもしれない…。洗うのはいいんだけど、干すのがあまり好きじゃなくて(笑)

最近はいろいろなお仕事の現場で女性スタッフの方々とご一緒することも多く、新しく都知事になった小池百合子さんもそうですが、男女間の立場・職業に差がなくなってきているのでしょうね。逆に“主夫”の男性も増えていると聞きます。
そういった中で今回男性の僕が、新しい型、新しいタッチで“家政婦”というお仕事の世界に食い込んでいくことにとても興味を持ちました。「どんな風にしようかな」とワクワクしながら準備しています。
テレビ朝日にはこれまで、市原悦子さん、そして米倉涼子さんという“2大家政婦”がいます。市原さんの『家政婦は見た!』は子どもの頃からずっと見ていましたし、もちろん米倉さんの作品も見ました。そこに新たに僕が演じる家政夫が参入するわけですが、あまり気負わずに。あくまで僕はダークな家政夫・三田園でいければいいかな、と思っています。撮影開始に向けて着々と準備も進んで、楽しくなりそうな気配も満載です。チーム一丸となっていい作品を作っていきたいと思っていますので、お楽しみに!

 

 

他のキャストは分かり次第、

追記していこうと思います〜

 

『家政夫のミタゾノ』のあらすじは??

Sponsored Link


■派遣先の家庭を破壊し、再生する――新たなダークヒーロー、誕生!

松岡昌宏が演じるのは、家政婦紹介所に所属する家政夫・三田園薫(みたぞの・かおる)。女性が主に活躍する家政婦業界において、男性ながらに掃除・洗濯・料理・子守などの家事全般を完璧にこなしてしまう“一流家政夫”です。そんな一流家政夫の三田園ですが、彼が掃除するのは家の汚れだけではありません。派遣された家庭・家族に巣食う“根深い汚れ”までもスッキリと落としてしまうのです!
毎回登場する派遣先の家庭は、世間的には“勝ち組”と呼ばれ、プライドが高く、傲慢で、身分の低い者は見下している、という鼻持ちならない人間ばかり。そんな家庭に隠された秘密を知ってしまった三田園は、とことんまでその秘密を暴くべくジワジワと罠を張り、誰にもバレずに歪んだ家庭の化けの皮を引っ剥がしていきます。そして人間関係を崩壊させる“最後のひと押し”を…! しかしそれが結果的に家族の再スタートを促すきっかけになり、その家が抱えていた問題を解決することになるのです。

家庭を崩壊させ、再生へと導くダークヒーロー――それこそがまさに三田園の真の姿!
三田園が派遣先の家庭の秘密を暴き、めちゃめちゃに壊し、そして再生させる――その過程を爽快感たっぷりに描く、痛快かつヒューマンなドラマ『家政夫のミタゾノ』。この秋、家政婦の歴史が変わります…! 金曜の夜に新たな“家政婦のレジェンド(伝説)”が誕生する瞬間をお見逃しなく…!

■ドラマに登場する家事スキルは暮らしに役立つものばかり!

難アリな性格の三田園ですが、家事の技は文句ナシのプロ級。卓越した知識と家事の裏技で家主の信頼を勝ち取っていきます。
そして毎回劇中には三田園が紹介する“お役立ち家事のHOW TO”が登場し、視聴者を楽しませます。どれもすぐに実践できる技ばかり…! 第一話には「咄嗟の染み抜き方法」や「洗濯物が早く乾く干し方」などが登場。三田園直伝の技の数々は、あなたの家事スキルをワンランクもツーランクもアップさせること間違いなしです!
今作で、そんな三田園の家事ワザを監修するのは“家事芸人”として人気を博している松橋周太呂! 松橋が持つ掃除・洗濯・料理など家事全般に関するスキルや情報がドラマを盛り上げていきます!

(公式HP引用)

 

これは楽しみですね〜

 

ドラマ展開も気になりますが、

ドラマ中に出てくる家事スキルも

チェックしていきたいところ( ´ ▽ ` )ノ

プロ級の家事スキルということで、

監修はなんと今話題の家事えもんさん!!!

家事えもん_-_Google_検索

 

ドラマ情報は↓↓

家政夫のミタゾノ家事スキルや裏技まとめ!家事えもん(松橋周太呂)監修!

 

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. b2069f494a4fc1871c227dc8e1b72395_jpg__603×328_
  2. ad3f2791ede1da99beb65cb46560f932_jpg__699×394_
  3. 4115dbc55e8070e2d59d30b17cf97958_jpg__236×214_
  4. 日曜劇場『IQ246〜華麗なる事件簿〜』|TBSテレビ
  5. 「大原櫻子_wiki」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)
  6. 「山本美月」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント