東京タラレバ娘のロケ地や主題歌は?視聴率や最終回ネタバレあり!

この記事は3分で読めます

Sponsored Link


こんにちは〜( ´ ▽ ` )ノ

 

 

今日はなんと2年前に

無くしてたiPodが。。。

見つかりました〜☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

 

嬉しすぎる(≧∇≦)

私が大学生の時に

ランニング中やトレーニング中にも

大活躍したiPod!!

なんとずーーーーっと使ってなかった

コーチのバックの中に

入ってましたね〜(T ^ T)

探したはずでしたが。。。w

 

でも見つかってよかった〜☆

あとは早く充電器を買いに行かなきゃ!

 

そんな私が今回書くのは

2017年の新春ドラマについて☆

『東京タラレバ娘』

%e6%9d%b1%e4%ba%ac%e3%82%bf%e3%83%a9%e3%83%ac%e3%83%90%e5%a8%98%ef%bd%9c%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%83%86%e3%83%ac%e3%83%93

 

吉高由里子〜!!!

テレビから消えては

いなかったんですね〜( ;  ; )

最近テレビで見かけなかったから、

ちょっと遠のいたのかと

思っちゃってました〜w

 

吉高由里子って私と同い年!

にしてはすごい雰囲気落ち着いてるし

昭和顏ですよね〜( ;  ; )

私もあんま人のこと言えませんがw

 

ということで今回は

『東京タラレバ娘』のロケ地や

視聴率や最終回ネタバレについて

私のコメントも含めつつ

書いていこうと思います☆

 

『東京タラレバ娘』のあらすじは??

 

あらすじはこんな感じです!!

鎌田倫子30歳、独身、売れない脚本家。
彼氏もおらず、親友の香・小雪と3人で居酒屋で女子会ばかり繰り返す日々。
「キレイになっ“たら”もっといい男が現れる!」
「好きになれ“れば”ケッコンできる!」
そんな話ばかりしていると、突然、金髪イケメン男子(年下)に「このタラレバ女!」と言い放たれてしまい、ハタと厳しい現実にブチ当たる。
「あれ? あたしたちってもう女の子じゃないの?」
オトナになりきれないまま30代に突入したヒロインが、幸せを求めて、
恋に仕事に悪戦苦闘、右往左往する――。

 

わーーーーーー突き刺さる

共感できるドラマになりそうですね〜( ;  ; )

アラサーな私にとっても

かなり耳の痛くなるような内容ですw

 

「私たちって、もう女の子じゃないの?」

「本気出したら恋も仕事も手に入れられるとおもってた。。。」

「立ち上がり方がわからない」

「仕事に恋にお呼びでない」

 

私もこんなになる前に、、、

結婚しなければΣ(・□・;)

なんて焦ってしまうような内容になっているのかな??

 

《ドラマ基本情報》

脚本:松田 裕子

チーフプロデューサー:伊藤 響

プロデューサー:加藤 正俊 鈴間 広枝 鈴木 香織(AXON)

演 出:南雲 聖一 ほか

制 作 協 力:AXON

製 作 著 作:日本テレビ

 

『東京タラレバ娘』のロケ地は??

Sponsored Link


 

まだクランクインしていないので

さすがにまだ目撃情報

なんかも上がっていませんね〜

 

分かり次第、追記していこうと思います!

 

ロケ地候補は、東京!!

だってタイトルに上がっているし!

 

あとは吉高由里子の家、

職場、そして通っている

赤ちょうちんのお店とか?

 

これから目撃情報とか

たくさん上がってきそうですね〜

 

『東京タラレバ娘』の視聴率は??

 

きになるのはやっぱり

視聴率ですよね〜☆

 

これは世の中のアラサー女子に

共感を呼べるか???

が視聴率の鍵になってきそうです!

 

でもあらすじを見る感じでは

私もアラサーですが、、、

ついつい大きく

うなずいてしまいます。。。( ;  ; )

 

『東京タラレバ娘』の最終回ネタバレ??

 

原作のあるドラマということで

漫画通りに結末を

迎えるのか???!

 

そこはドラマオリジナルになるのか?

これはドラマの見どころですね〜

みんなで見届けましょう〜☆

 

おわり☆

 

関連記事

東京タラレバ娘の出演者キャスト相関図やあらすじは?原作ネタバレあり!

 

君に捧げるエンブレムの出演者キャスト相関図やあらすじは?ネタバレも?

 

嘘の戦争の出演者キャスト相関図は?あらすじと最終回ネタバレあり!

 

 

 

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント