嫌われる勇気のキャスト相関図やあらすじは?アドラー心理学とは?

この記事は4分で読めます

Sponsored Link


こんにちは〜☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

 

なんだかこの二日のバタバタ!

改めて考えさせられることが

いーーーっぱい!!

 

久々に家に帰って実家暮らしでも

するかな〜何て思ったり!

18歳の時に家を出て、

それから気付けばもう10年☆

なんか長いようで早かったな〜

なんて思いながら、、、

 

ということで関係はないけど今回書くのは

2017年の新春ドラマについて〜!

『嫌われる勇気』

%e3%80%8c%e5%ab%8c%e3%82%8f%e3%82%8c%e3%82%8b%e5%8b%87%e6%b0%97_%e3%83%89%e3%83%a9%e3%83%9e%e3%80%8d%e3%81%ae%e6%a4%9c%e7%b4%a2%e7%b5%90%e6%9e%9c_-_yahoo_%e6%a4%9c%e7%b4%a2%ef%bc%88%e7%94%bb%e5%83%8f

久々の香里奈主演〜!!!

やっぱり可愛い〜☆

5年ぶりってそりゃ久々って感じるよね〜

いま俳優として急成長中の

加藤シゲアキと共演( ´ ▽ ` )ノ

これもまた楽しみ〜♪

そして自己啓発本を大胆にも

刑事ドラマとしてアレンジ!

なんだか想像もつかないけど、、、

ってトコも期待が高まる要因ですね〜

 

ということで今回はこのドラマの

キャスト相関図やあらすじ、

話題になってるアドラー心理学についても

詳しく書いていこうと思います( ^ω^ )

 

『嫌われる勇気』のキャスト相関図は??

庵堂蘭子役:香里奈

%e3%80%8c%e5%ab%8c%e3%82%8f%e3%82%8c%e3%82%8b%e5%8b%87%e6%b0%97_%e3%83%89%e3%83%a9%e3%83%9e%e3%80%8d%e3%81%ae%e6%a4%9c%e7%b4%a2%e7%b5%90%e6%9e%9c_-_yahoo_%e6%a4%9c%e7%b4%a2%ef%bc%88%e7%94%bb%e5%83%8f

独身、彼氏なしの

警視庁刑事部捜査一課8係の刑事。

若干32歳にして、

難事件を次々と解決に導いてきた

実績を持つ桜田門のエース。

青山年雄役:加藤シゲアキ

%e3%80%8c%e5%8a%a0%e8%97%a4%e3%82%b7%e3%82%b2%e3%82%a2%e3%82%ad%e3%80%8d%e3%81%ae%e6%a4%9c%e7%b4%a2%e7%b5%90%e6%9e%9c_-_yahoo_%e6%a4%9c%e7%b4%a2%ef%bc%88%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%89

正義感が強く、

子供の頃から刑事に

強烈なあこがれを持っていた。

人に対して常に明るく接するが、

実は優柔不断で心配性。

蘭子とは真逆に、

他人にどう思われているかが

すごく気になる“嫌われたくない男”。

 

大文字哲人役:椎名桔平

%e6%9c%a8%e6%9b%9c%e5%8a%87%e5%a0%b4%e3%80%8e%e5%ab%8c%e3%82%8f%e3%82%8c%e3%82%8b%e5%8b%87%e6%b0%97%e3%80%8f_-_%e3%81%a8%e3%82%8c%e3%81%9f%e3%81%a6%e3%83%95%e3%82%b8%e3%83%86%e3%83%ac%e3%83%93

大文字は、事件の犯人像に関する

情報を警視庁に提供している特別コンサルタント。

『嫌われる勇気』のあらすじは??

Sponsored Link


「アドラー心理学」を体現する主人公・庵堂蘭子(あんどう・らんこ/32)。蘭子は独身、彼氏なしの警視庁刑事部捜査一課8係の刑事。若干32歳にして、難事件を次々と解決に導いてきた実績を持つ桜田門のエース。組織になじまない一匹狼タイプで、周囲の意見には耳を貸さず、常に自分が信じる道を行く。時には、上司や捜査本部の方針に反することもあるが、本人はそれを悪いこととは感じていない。他人からの評価や評判を一切気にせず、自己中心的だと言われても全くひるまない、「アドラー心理学」を地で行く、いわば“アドラー女子”。その振る舞いと他人にこびない態度、そして圧倒的な検挙率の高さを自慢するでもないその余裕ぶった態度に、男性社会である警察組織では彼女をよく思わない人間も多い。一言で言えば“嫌われている”。そんな蘭子を演じるのは香里奈。香里奈がフジテレビの連続ドラマで主演を果たすのは、『私が恋愛できない理由』(2011年10月クール)以来、およそ5年ぶり。フジテレビの連続ドラマに出演するのは、『SUMMER NUDE』(2013年7月クール)以来、およそ3年ぶり。また、刑事役を演じるのは、『ダーティ・ママ!』(日本テレビ系/2010年10月クール)以来、およそ6年ぶり。香里奈が久しぶりの刑事役、しかも“嫌われる女”蘭子を、どのように演じるのか注目が集まる。

そんな蘭子とコンビを組むことになるのは、あこがれの捜査一課に異動してきたばかりの青山年雄(あおやま・としお/28)。青山は、正義感が強く、子供の頃から刑事に強烈なあこがれを持っていた。人に対して常に明るく接するが、実は優柔不断で心配性。蘭子とは真逆に、他人にどう思われているかがすごく気になる“嫌われたくない男”。念願かなって捜査一課に異動となり、蘭子とバディを組むことになるが、自分勝手な動きが多く、何も説明してくれない蘭子に振り回され、彼女のことが心底嫌いになる。青山は、「アドラー心理学」になじみのない視聴者の目線を担い、蘭子と行動を共にすることで、「アドラー心理学」を学び、一歩ずつ成長していく影の主人公。そんな青山を演じるのは、加藤シゲアキ(NEWS)。加藤がフジテレビの連続ドラマに出演するのは、土ドラ『傘をもたない蟻たちは』(2016年1月)以来で、刑事役を演じるのは初となる。加藤が自身初となる刑事役をどのように演じるのか、また初共演となる香里奈と、どのようなバディぶりを見せるのか、是非楽しみにしてほしい。「犯罪心理学」を専門としている、帝都大学文学部心理学科の教授・大文字哲人(だいもんじ・てつと/52)。大文字は、事件の犯人像に関する情報を警視庁に提供している特別コンサルタントで、これまでもいくつかの難事件で警察に捜査協力してきた実績があり、警察庁・警視庁内部には彼の信奉者も多い。「アドラー心理学」を含め、犯罪心理以外の心理学も一通り習得しており、人間の裏側にある悪の側面を知っているためか、どこか厭世(えんせい)的で皮肉屋。分析を求められれば心理学に基づいて、ズバズバと相手の誤りを指摘する毒舌家でもある。蘭子が大学2年の時、「アドラー心理学」の本を夢中になって読む彼女を見て興味を持ち、自分のゼミに誘った。蘭子のことを理解できない青山に、「アドラー心理学」の存在を教える“すべてを知る男”。

なるほど〜!!

なんだか自分自身にも

響くドラマ内容になりそうですね!

 

このなかでやっぱりきになるのは

アドラー心理学についてです(^ ^)

 

アドラー心理学とは??

第三の巨頭と言われている

アルフレッド・アドラーの考えた心理学で

「人間の隠し持つ目的に注目せよ!」

ということが中心であり、、、

アドラー心理学の特徴は、「すべての悩みは対人関係の悩みである」とした上で、フロイト的な原因論を根底から覆す「目的論」の立場をとるところにある。
たとえば、「子どものころに虐待を受けたから、社会でうまくやっていけない」と考えるのがフロイト的な原因論であるのに対し、アドラー的な目的論では「社会に出て他者と関係を築きたくないから、子どものころに虐待を受けた記憶を持ち出す」と考える。
つまりアドラーによれば、人は過去の「原因」によって突き動かされるのではなく、いまの「目的」に沿って生きている。

こうしてトラウマを否定するアドラーは、人生(生き方)とはいつでも選択可能なものであり、過去にどんなつらいことがあったとしても、これからどう生きるかには関係がない、と唱えた。人は変われないのではなく、ただ「変わらない」という決心を下しているに過ぎない。いま幸せを実感できない人に足りないのは、能力でもないし、お金でもないし、恵まれた環境でもない。変わること(幸せになること)に伴う「勇気」が足りないのだ。それがアドラーの主張だった。

 

確かになんだか勇気づく!

特にかわれないのではなく、

変わらないという決断をなんらかの理由で

下しているだけ!

 

これによって動けなくなっている

というのは自分自身もすごく

わかるような気がするな〜

 

ということで私もこれは

読んでみようと思います( ´ ▽ ` )ノ

 

おわり☆

関連記事

下克上受験キャスト相関図(出演者)やあらすじは?最終回ネタバレあり!

 

男水!のキャスト相関図(出演者)やあらすじは?最終回ネタバレあり?

 

スーパーサラリーマン佐江内氏のキャスト相関図(出演者)やあらすじは?

 

 

 

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント