隣の家族は青く見えるで松山ケンイチが飲んでる缶ビールはこれ!甘口?

この記事は4分で読めます

Sponsored Link


こんにちは〜☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

 

今日は3連休2にち目!

なんだか中日って、

一番ゆっくり長く感じます!

 

いつも仕事頑張ってるからこその

連休のありがたみですね!

 

 

今日は欲しいものバッチリ

買えたからいい休日〜!

なんか最近物欲が

止まりません/ _ ;

 

ま!買ってスッキリするならいっか〜w

 

ということで今回私が書くのは

『隣の家族は青く見える』

 

これ!

なんだか面白い!

そして勉強になる!!

 

妊活、、、

結構私の世代というか、

30前半あたりの

年齢って結構考えているとこだと思う!

 

実材私も相手ができて、

1年子供できなかったら

考えるだろうな〜!

 

なんだかんだで女の

幸せなのかなって(^^)

 

そして個性豊かなキャストが

また面白いですよね〜!

 

スタートする前は

正直あんまり期待してなかったけど、

結構ハマって見てます!

 

 

『隣の家族は青く見える』のあらすじは?

 

第1話

スキューバダイビングのインストラクターをしている五十嵐奈々(深田恭子)とおもちゃメーカーに勤務する大器(松山ケンイチ)夫妻は、小さなアパートで暮らしながら資金を貯め、コーポラティブハウスを購入する。同じコーポラティブハウスに住むのは、結婚を控えたバツイチのスタイリスト・川村亮司(平山浩行)とネイリストの杉崎ちひろ(高橋メアリージュン)のカップル、二人の娘を持つ商社マンの小宮山真一郎(野間口徹)深雪(真飛聖)夫妻、そしてこのコーポラティブハウスの設計も手掛けた建築士の広瀬渉(眞島秀和)だ。

子どもが大好きな奈々と大器は、1年ほど前から子作りを始めていた。そんな矢先、大器の妹・琴音(伊藤沙莉)が、家業の焼き鳥店で働く糸川啓太(前原滉)の子を妊娠。夫の健作(春海四方)と店を切り盛りする大器たちの母・聡子(高畑淳子)は大喜びし、次は奈々の番だと期待を寄せる。

奈々たちが帰宅すると、共有スペースでは小宮山一家が餅つきをしていた。さっそく手伝い始める奈々たち。その際、奈々は、渉を訪ねてきた青木朔(北村匠海)と出会う。実は朔は渉の恋人で、渉と一緒に暮らすつもりでいた。

早く子どもが欲しいと願う奈々は、大器を説得し、不妊治療専門のクリニックを訪れる。そこで奈々たちは、1年以上避妊していないにもかかわらず妊娠に至らないのは不妊症と言える、という片岡医師(伊藤かずえ)の言葉にショックを受け……。

 

 

第2話

奈々(深田恭子)大器(松山ケンイチ)は、不妊治療の専門医・片岡(伊藤かずえ)の助言に従って、タイミング法を実践し始める。

仕事を終えて帰宅した奈々は、共有スペースの花壇で花を見ていた朔(北村匠海)に出会う。部屋の中にいた渉(眞島秀和)は、奈々と朔が談笑しているのに気づき、慌てて朔に電話して呼び戻そうとする。戻ってきた朔に、余計な詮索をされないよう、他の住人とは関わるな、と釘を刺す渉。すると朔は、ふて腐れて別の部屋に行ってしまう。

亮司(平山浩行)は、ちひろ(高橋メアリージュン)には内緒で、再び名古屋にある元妻の実家を訪れる。だが、亮司の息子・亮太(和田庵)は、母の死にショックを受け、いまだに亮司とは何も話そうとしなかった。

一方、深雪(真飛聖)は、手作りのマフィンを持って、ちひろや渉、奈々の元を訪ね歩く。その際、深雪は、花壇の水やりやゴミ出しのルールなどを話し合うために月イチで行われる定例会を月2回にすべきだと提案するとともに、みんなでバーベキューパーティーをしたいと言い出す。

わ〜、、、、
自分の好きな人、
そして自分の子供、
確かに自分の子供を見放すという
選択肢はない´д` ;
この夫婦がどうなるのか?
このドラマ結構私きになる点です!

 

Sponsored Link


第3話

奈々(深田恭子)は、朔(北村匠海)渉(眞島秀和)がキスしているところを目撃してしまう。朔は、奈々に渉との関係を打ち明け、ゲイであることを他人に公表していない渉のために、誰にも言わないでほしいと頼む。一方、事情を知らない大器(松山ケンイチ)は、何かと奈々に接近してくる朔のことが気になって仕方ない。

亮司(平山浩行)は、元妻が急死したため、息子の亮太(和田庵)に会いに名古屋へ行っていたことをちひろ(高橋メアリージュン)に話す。亮司は、亮太を引き取ってこの家で一緒に暮らしたい、とちひろに告げるが……。

最後のタイミング法に臨む奈々は、レディースクリニックの医師・片岡(伊藤かずえ)のもとを訪ねる。そこで片岡は、奈々に、クロミッドという誘発剤を勧める。

大器は、コンペに出した企画が評価され、本社の土地開発部門が進めているアウトレットモールの開発プロジェクトに参加することになる。大器は、奈々からもアイデアをもらい、早速企画書をまとめる。一方、不妊治療を始めてから情緒不安気味の奈々だったが、妊娠した可能性があることに気付く。

そんな折、義母の聡子(高畑淳子)は、薬局で妊娠検査薬を購入しようとしている奈々を見かけ、大器と奈々が子作りしていると知り大喜びで……。

 

 

見られたのが

ななでよかったですよね〜w

ま、そのうちばれるんですが

それにしても、
ななって人間ができてる役!

第4話

奈々(深田恭子)は、担当医の片岡(伊藤かずえ)から、人工授精へのステップアップを勧められる。

奈々が自宅に戻ると、大器(松山ケンイチ)の母・聡子(高畑淳子)が来ていた。聡子は、体に良いというジュースや冷え予防の靴下と一緒に、いくつもの子宝グッズを持参し、奈々を困惑させる。

仕事を終えて帰宅した大器は、棚に並んだ子宝グッズの数々を見てあ然となる。その際、奈々は、人工授精を勧められたことを大器に告げた。すると大器は、理屈ではわかっていても抵抗感があると言い出す。

一方、深雪(真飛聖)は、次女の誕生会の招待状を持って五十嵐家を訪れる。そこで深雪は、ちひろや渉たちと仲直りもしたいので、招待状を渡してほしい、と奈々に頼む。

そんな折、奈々の母・春枝(原日出子)が伊豆から上京してくる。奈々は、不妊治療のことを春枝に打ち明けるが……。

この時の松山ケンイチ、
かっこよすぎましたね〜☆
こんな旦那さん、
ほしい〜!!!!!!
って世の中の女性の大半を
虜にしたと思います!w
こんな感じで進んでますね〜!
どうなるのか?
きになると同時にもう一つ!
このドラマに出てくる
このビールめっちゃきになる!!!

『隣の家族は青く見える』の

ダイキ(松山ケンイチ)が飲んでるビールはどこで買える?

第1話から出てきてる
このビール!!!
パッケージめっちゃかわいくないですか?
買えるなら買いたい!
どんな味するんだろ〜
なんてお酒好きな私は
気になってしょうがない!
すると、このビール
ドラマオリジナルデザインでした´д` ;

そのうち、商品化されないかな〜
なんて期待しておきましょう〜
パッケージには
アマクチビールとの文字が!
中身は甘いんですかね〜w

〜 まとめ 〜 

 

次回の5話で

またそれぞれの家族が

少しずつ動き出しそうでしたね!

 

それぞれの家族が

どんな結末になるのか?

 

全てがハッピーエンドで

終わって欲しいですね〜(^^)

 

おわり☆

 

 

関連記事

 

きみが心に棲みついたの為末れいかは田中真琴!可愛いけど演技が下手?

 

99.9シーズン2ネタバレ!舞子(木村文乃)が裁判官を辞めた理由は?

 

 

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント