隈研吾の設計した国立競技場や他の建物作品まとめ!経歴や年収は?

この記事は2分で読めます

Sponsored Link


こんにちは〜( ´ ▽ ` )ノ

 

今日のおめでたいニュース☆☆

ヤーーーーーーット決まりましたね!

新国立競技場の設計!!!!

CWLc9vWVEAAR95D_jpg__599×337_

 

こちらが決まった、隈研吾さんデザインのa案!

 

《特徴》

・高さを50m以下に抑えて、威圧感を軽減

・国産の杉を使った格子をデザインしたひさし

・すり鉢状の3層構造スタンド

・強い日差しを守る植栽を各階に配置

 

ちなみにもう一つせったデザインがこちら!

CWLc9vWVEAAR95D_jpg__599×337_

b案は伊東豊雄さんデザイン

《特徴》

・観客の興奮を表現した波打つ屋根

・一体感を形式する2層式スタンド

・スタジアムを囲む回路

・カラマツの柱72本で支える白磁のスタジアム

 

どちらも日本の象徴となりそうなデザインで素敵ですね!!

 

ではでは今回は国立競技場に正式に決定した

隈研吾さんついて!!!

 

まずはwiki風プロフィールから☆

「隈研吾」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)

名前:隈研吾

生年月日:1954年8月8日

出身地:神奈川県横浜市

職業:株式会社隈研吾建築都市設計事務所主宰

母校:田園調布小学校→????中学校→栄光学園高校→東京大学工学部建築学科卒業

→東京大学大学院建築意匠専攻修士課程修了

Sponsored Link


東京大学出身( ;  ; )!!

しかも大学院まで出てる。。。優秀な方ですね〜☆

 

卒業後。。。

日本設計→戸田建設→コロンビア大学建築・都市計画学科客員研究員を経て、

1990年に隈研吾建築都市設計事務所を設立

 

同時に。。。

法政大学工学部建設工学科非常勤講師

慶應義塾大学環境情報学部特別招聘教授

 

などなど。。。様々な講師業も兼任され、

未来の建築士の育成にも力を入れてらっしゃいます!!

 

数々の賞も受賞されています!!!

1997年 日本建築学会賞作品賞(登米町伝統芸能館)

_旅行__伝統芸能伝承館_森舞台____ひぐらしがなく舞台___思考回廊

2001年 村野藤吾賞(那珂川町馬頭広重美術館)

広重美術館___住居___-_小林正一建築設計事務所_ブログ:家~ィ_住まい造りって!_-_Yahoo_ブログ

 

2010年 毎日芸術賞(根津美術館)

根津美術館_-_Wikipedia

2011年 芸術選奨文部科学大臣賞(梼原・木橋ミュージアム)

Yusuhara_Wooden_Bridge_Museum_–_kengo_kuma_and_associates

 

どの作品も木のぬくもり、暖かさがホッとさせるものばかりです。。。

なんか隈研吾さんの人柄が出てるようにも感じますね!!

 

そんな隈研吾さん建築士になりたいと思ったきっかけが。。。

なんと1964年の東京オリンピックを見て!!

 

まだ小学生だった頃、

その時の建築を見て、建築士を志したそうです!

その夢を叶え建築士として名誉である、

今回の国立競技場の設計!!!

本当に嬉しかったでしょうね( ´ ▽ ` )ノ

少年の時に見た夢を叶えられる人なんて本当に一握り。。。

 

なんか感動しました!!!(≧∇≦)

 

 

そんな隈研吾さんの年収って気になりません???

建築士ってそりゃーーーーー1つを建てるのに

苦労するからこそ。。。もらってると思います!

 

なんと1級建築士の平均は。。。

月給:433,300

賞与:1,175,500

年収:6,375,100

 

だそうです。。。( ;´Д`)

ということは隈研吾さんの場合、

受賞をたくさんされていますし、

経営もされていらっしゃるということで。。。

年収2000万超えはしているのではないでしょうか???

 

でも。。。どうなるかと心配だった国立競技場もようやく決定!

あとは工事のスケジュール!!

急ピッチにはなると思いますが。。。完成が楽しみですね(≧∇≦)

 

おわり☆

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント